睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査を行ってます

2021/05/12

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に頻繁に無呼吸状態になる症状のことです。
睡眠時無呼吸症候群の原因は、口の中の状態や鼻の状態が悪いことによって起きる閉塞性無呼吸と、脳によるおこる中枢性無呼吸があります。

次のような症状がある方は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
・いびきがひどい方
・日中の強い眠気がある方
・肥満傾向にある方 など

睡眠時無呼吸症候群は直接死に至る状態ではありませんが、それに伴い高血圧や、心不全などの悪影響が生じると考えられております。当院では、鼻や口・のどの診察を踏まえ、ご自宅で睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を行っております。簡易睡眠モニターの貸し出しは1回の貸し出しに付き3000円程度です(3割負担の場合。その他初診料/再診料なども加算されます)。

いびきや眠気など気になる症状のある方は、お気軽に当院にご相談ください。

PAGE TOP